recruit採用情報

社員・パートの声STAFF VOICE

就職希望者へ
会社の魅力を伝えるために、
自分自身が会社を一番好きになる

和田 朋子
人事労務部 2018年入社

石井表記に入社したきっかけは?

入社したのは昨年2018年のことです。地元で働くことを希望し就職活動を進めていた中、本社が自宅の町内にあるという親近感もあって石井表記の就職説明会に参加しました。以前から「地元の優良企業」という良いイメージはあったものの、採用担当の方から説明をお聞きするまで、事業内容はそこまで詳しく知りませんでした。しかし効率性を優先した大量生産が主流のなか、「多品種・少量生産」の方針を貫くことで、お客様のニーズにきめ細やかなサービスで応えきたことなど、石井表記の「ものづくりへの姿勢」に魅力を感じるように。自分がこれから働いていくなら、こんな「オンリーワンなものづくり」に挑戦している会社がいいと思うようになりました。それが本格的に入社を志したきっかけになります。

実際に仕事してみてどうでしたか?

入社後は人事労務部に配属され、主に学生への採用活動を任されました。大学での企業セミナーや合同説明会などの手配から、エントリーの管理、面接の実施や関係部署への連絡など、各種事務手続きを行っています。説明会では学生に向けて自社のPRをする機会も多く、自分が就職活動の時に感じたような、石井表記の良さをわかりやすく伝えることを心がけています。職場環境もとても良く、社員の働きやすさに配慮した環境づくりが徹底されていることを感じます。週に2日は「No残業デー」と定めていますが、もともと定時までに効率よく仕事を終わらせるのが当たり前の雰囲気なので、それ以外の曜日も私自身は残業はありません。年間休日120日と、製造業としては休みも多く、プライベートも充実させることができますね。また離職率も低く、女性が産後復帰もしやすい環境だと思います。

仕事のやりがいを教えて下さい。

採用担当は就職希望者や内定者とのやりとりも多く、各部署との連携も必要不可欠。そのためメール1つをとっても、相手の気持ちが変わる難しさを感じるとともに、同時にやりがいを感じます。まだまだスキルも経験も不足していると思いますが、採用活動の記憶が新しい自分だからからこそ分かる内定者の不安や疑問を、うまくフォローしていけたらと思います。自分が説明会で話をした学生が、実際に面接まで進んでくれると嬉しいですね。昨年の内定者が無事それぞれの部署に配属された時にはホッとしました。石井表記の魅力を伝えるためには、自分自身が会社のことを好きになり、製品にも興味をもつことが何より大切だと感じています。また労務としては、少しでも社員の皆さんが働きやすい環境になるよう、手助けができることがやりがいに繋がっていると思います。

message就活中の皆様へメッセージ

高校・大学時代に野球部のマネージャーをしていたこともあり、自分が前に出るよりも、メンバーが動きやすい環境に整える仕事が自分には向いている。そう思って就職活動では事務職を中心に探しました。事務職と一言でいっても本当に様々な仕事内容があります。私も入社してから採用担当を任され、事務職といって想像するような形にはまった仕事でない所が、この仕事の面白さだと感じています。就活中の皆様には、ぜひ説明会や面接などで、目指す仕事の詳しい内容を聞いてみることをおすすめします。またこんな仕事にチャレンジしてみたいなど、面接の時に伝えてみるのもいいかと思います。

採用についてのお問い合わせや相談などは、お問い合わせフォームからどうぞ。

採用についてのお問い合わせはこちら

社員・パートの声STAFF VOICE

大塚 健太製造職
2003年入社

和田 朋子人事労務部
2018年入社

佐藤 晃司CE(カスタマエンジニア)職
1999年入社

井上 弥生事務職
2004年入社

興 安(こうあん)PE(プロセスエンジニア)職
2016年入社

安井 誌都デバイス事業本部
2018年入社